平均足EA

MT5EA

EAダウンロードjpでは、優秀なEA、スキャルピングEA、仮想通貨用EAなどMT5の自動売買プログラム(EA)を無制限かつ無料でダウンロードできます。ダウンロードリンクは下記より

MT5-EAダウンロード: 平均足EA

MT5 EA

MT5EAダウンロードjpでは、高品質かつ効果的な多数の自動売買システム(EA)を無料で提供しています。

また、多くのEAは、さまざまな通貨ペアに対応しています。無料EAを使用して、よりスマートなトレードを始めましょう。

 

MT5EAダウンロードjpのEAは、一般的なテクニカル指標をはじめ、複雑なアルゴリズムを使用したものまで幅広いバリエーションがあります。

完全無料でダウンロードが可能です。初心者の方でも安心して利用でき、EAの種類も多く、自分に合ったEAを見つけることができます。

 

注意事項

・すべてのEAは無料でご利用できます。

・バックテストに制限はありません。

・バックテスト結果の画像は成績を保証するものではありません。

・予約注文を指定するEAの場合、ストップレベル(最小指値幅)が広い一部の業者では稼働しない可能性があります。

・業者のサーバータイムゾーンによってEAの稼働結果が変わることがあります。

・ライブ口座で稼働させる前にバックテストやデモ口座などで十分に検証してください。

・予告なくEAの掲載を終了することがあります。

・まれに制限がかかっていないEAがありますが、その場合はそのまま利用していただいて結構です。

・ライブ口座でこのEAを使用したことによる損失については当サイトは責任を負いません。

・一部の業者ではスキャルピングや両建てや頻繁なオーダーの修正が禁止されている場合があります。

・ソースコードをご希望の場合は商品ページURLとご予算を添えてお問い合わせください。

・フィリングモードが異なるアカウント(FOK,IOC)では稼働しない場合があります。

・マージンモードが異なるアカウント(ヘッジ,ネット)では稼働しない場合があります。

 

本サイトは、日本居住者にFX取引を勧誘することを意図したものではありません。

高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。
レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

またサイトに掲載中のシステムは稼働を100%保証するものではありません。ご利用に際しては十分な確認、検証を行うものとし、システムの利用によって発生した損害、損失は免責とさせていただきます。

Originally posted 2019-09-07 19:22:03.


MT5 EA

無料MT5-EAパスワード申請

下記リンクより口座開設を行い、申請フォームより送信を行うとMT5-EAパスワードが発行されます。

FX会社リンク一覧

(口座開設は10分程度で完了します。EAのバックテストのみであれば投資金の入金の必要はありません。)

期間限定キャンペーン中:先着100アカウントまで無条件でパスワード発行中!

 

申請フォームはこちら

Originally posted 2019-09-07 19:22:03.

外国為替のそれぞれの通貨ペアの動き方の違いについて

外国為替市場では、通貨ペアの価格は常に変動しています。通貨ペアの動き方は、それぞれの通貨の経済状況、政治情勢、金利政策、自然災害、テクニカルファクターなど様々な要因に影響されます。

 

EUR/USDは、ユーロ通貨とアメリカドル通貨の交換レートを表す通貨ペアであり、世界中のトレーダーによって幅広く取引されています。

    1. 世界的な最も流動性が高い通貨ペアの一つ:EUR/USDは、世界中の投資家やトレーダーが取引する中で最も流動性が高い通貨ペアの一つです。そのため、市場の深さがあり、注文を簡単に執行することができ、取引量が多く、スプレッドも狭くなる傾向があります。
    2. アメリカ経済の指標に大きく左右される:アメリカ経済は、世界の最大の経済の一つであり、多数の指標を持っています。そのため、アメリカの経済指標の発表や、政府の政策変更などが、EUR/USDの価格に大きな影響を与えることがあります。
    3. 時間帯によってボラティリティが異なる:EUR/USDは、欧州とアメリカが主要な取引を行っている通貨ペアであり、そのため、市場の参加者の時間帯によってボラティリティが異なることがあります。例えば、欧州の市場が開いている時間帯はボラティリティが高い傾向にあります。
    4. 短期的なトレードに適している:EUR/USDは、高い流動性やボラティリティの高さから、短期的なトレードに適している通貨ペアの一つです。スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードに向いており、スプレッドも狭くなり、トレーダーにとっては高いリターンが期待できます。
    5. 外国為替の基礎通貨として重要視される:EUR/USDは、外国為替取引の基礎通貨として非常に重要視されており、他の通貨ペアの価格の基準として使用されることがあります。そのため、EUR/USDの価格の変動は、他の通貨ペアの価格にも影響を与えることがあります。

 

USD/JPY

USD/JPYは、アメリカドルと日本円の交換レートを表す通貨ペアであり、世界中のトレーダーによって幅広く取引されています。

  1. 安全なヘッジ通貨:日本円は、世界中の投資家にとって安全なヘッジ通貨として知られています。そのため、世界的な不安要因が出現すると、日本円は買われる傾向があります。USD/JPYは、このような市場の動きに大きな影響を受けるため、世界中のトレーダーにとって注目される通貨ペアの一つです。
  2. 日本の経済指標に大きく左右される:日本は、世界的な経済大国の一つであり、多数の経済指標を持っています。そのため、日本の経済指標の発表や、政府の政策変更などが、USD/JPYの価格に大きな影響を与えることがあります。
  3. アメリカの金利政策に敏感な通貨ペア:アメリカは、世界最大の経済大国の一つであり、そのためにアメリカの金利政策は世界中の市場に大きな影響を与えます。USD/JPYは、アメリカの金利政策に敏感な通貨ペアの一つであり、アメリカの利上げや利下げの発表によって価格が大きく変動することがあります。
  4. 日本の株価に大きく左右される:日本の株価が上昇すると、外国投資家による日本株式投資が増加するため、外貨需要が高まります。そのため、日本の株価がUSD/JPYの価格に大きな影響を与えることがあります。
  5. 長期トレードに向いている:USD/JPYは、比較的安定した通貨ペアであり、長期的なトレードに適しています。政府や中央銀行の政策変更などが価格に影響を与えることがあるため、ファンダメンタルズ分析に基づいた投資家にとっては、長期的なトレードが有望となる場合があります。

 

GBP/USD

GBP/USDは、イギリスポンドとアメリカドルの交換レートを表す通貨ペアであり、外国為替市場で最も取引される通貨ペアの一つです。

  1. 大きな値動きがある:GBP/USDは、非常に大きな値動きをすることがあります。そのため、デイトレーダーやスキャルピングトレーダーなど、短期的なトレードを好む投資家にとっては魅力的な通貨ペアの一つです。また、大きな値動きがあるため、リスク管理が非常に重要です。
  2. 英国の経済指標に大きく左右される:イギリスは、世界的な経済大国の一つであり、多数の経済指標を持っています。そのため、イギリスの経済指標の発表や、政府の政策変更などが、GBP/USDの価格に大きな影響を与えることがあります。
  3. アメリカの金利政策に敏感な通貨ペア:アメリカは、世界最大の経済大国の一つであり、そのためにアメリカの金利政策は世界中の市場に大きな影響を与えます。GBP/USDは、アメリカの金利政策に敏感な通貨ペアの一つであり、アメリカの利上げや利下げの発表によって価格が大きく変動することがあります。
  4. ブレグジットによる不確定要素:2016年のEU離脱国民投票以降、イギリスの経済や政治における不確定要素が増えました。そのため、ブレグジットに関する発表やニュースは、GBP/USDの価格に大きな影響を与えることがあります。
  5. 高い流動性:GBP/USDは、世界的な為替市場で最も取引される通貨ペアの一つであり、高い流動性を持っています。そのため、注文を出してもすぐに約定することができます。また、スプレッドも狭いため、トレードコストが低いという利点があります。

 

EURJPYは、ユーロ通貨と日本円通貨の交換レートを表す通貨ペアであり、世界中のトレーダーによって幅広く取引されています。以下に、EURJPYの特徴について詳しく説明します。

  1. ボラティリティが高い:EURJPYは、高いボラティリティを持つ通貨ペアの一つです。そのため、通貨の価格が急激に変動することがよくあります。そのため、トレーダーにとっては高いリターンを期待できるが、同時にリスクも高い通貨ペアとして知られています。
  2. 世界的な経済情勢に強く影響を受ける:EURJPYは、両国の経済が直接的に影響を受ける通貨ペアであり、両国の経済指標や政治的な動向に敏感に反応します。例えば、欧州経済の悪化や日本の円高政策などがEURJPYの相場に大きな影響を与えることがあります。
  3. 交換レートが安定している:EURJPYは、ユーロ圏と日本の間での国際取引や投資が盛んであるため、その需要や供給が安定しています。また、日本の政府が円安政策を進めているため、通貨の価格が相対的に安定していると言えます。
  4. 高い流動性:EURJPYは、世界中のトレーダーによって幅広く取引されており、そのため市場の流動性が高く、注文を簡単に執行することができます。そのため、取引量が多く、スプレッドも狭くなる傾向があります。
  5. 長期トレードに向いている:EURJPYは、短期的なトレードだけでなく、長期的なトレードにも向いている通貨ペアの一つです。そのため、投資家にとっては、安定的な長期的な収益を期待することができます。ただし、その一方で短期的なリスクも存在するため、十分なリスク管理が必要となります。

 

AUD/JPYは、オーストラリアドルと日本円の交換レートを表す通貨ペアであり、外国為替市場で取引される人気の通貨ペアの一つです。以下に、AUD/JPYの特徴について詳しく説明します。

  1. リスクオン/リスクオフ通貨:AUD/JPYは、リスクオン/リスクオフ通貨の一つとして知られています。これは、両通貨がそれぞれ異なるリスクプロフィールを持っているためです。オーストラリアドルは、原材料の生産国であり、鉱物資源や農産物などの輸出に依存しています。そのため、世界的な景気回復や需要の増加に対しては、ポジティブな影響を受ける傾向があります。一方、日本円は、安全な避難先として知られており、世界的な不安定要素がある場合には需要が高まります。したがって、世界的な景気の変化や、地政学的リスクなどに対する投資家の心理的反応によって、AUD/JPYの価格が変動することがあります。
  2. ボラティリティが高い:AUD/JPYは、非常に大きな値動きをすることがあり、ボラティリティが高い通貨ペアとして知られています。そのため、デイトレーダーやスキャルピングトレーダーなど、短期的なトレードを好む投資家にとっては魅力的な通貨ペアの一つです。また、大きな値動きがあるため、リスク管理が非常に重要です。
  3. 経済指標に敏感な通貨ペア:オーストラリアと日本は、それぞれ世界的な経済大国ではありませんが、両国は多数の経済指標を持っています。そのため、オーストラリアや日本の経済指標の発表や、中央銀行の政策変更などが、AUD/JPYの価格に大きな影響を与えることがあります。
  4. クロス通貨としての特性:AUD/JPYは、主要通貨と異なり、クロス通貨として扱われます。

 

NZD/USDは、ニュージーランドドルとアメリカドルの交換レートを表す通貨ペアであり、外国為替市場で取引される人気の通貨ペアの一つです。以下に、NZD/USDの特徴について詳しく説明します。

  1. 商品輸出国:ニュージーランドは、牛肉、羊肉、乳製品、木材、鉱物などの商品輸出国であり、そのためNZD/USDの価格は、商品市場の状況に左右される傾向があります。例えば、世界的な需要の増加や、自然災害による生産の減少などが発生した場合、商品価格が上昇する可能性があり、それによってニュージーランドドルの需要が高まることがあります。
  2. 利上げサイクル:ニュージーランド準備銀行は、比較的高い金利を維持しており、緊縮的な金融政策を取る傾向があります。したがって、ニュージーランド準備銀行が利上げを実施すると、NZD/USDの価格が上昇する可能性があります。
  3. 経済指標に敏感な通貨ペア:ニュージーランドとアメリカは、それぞれ世界的な経済大国ではありませんが、両国は多数の経済指標を持っています。そのため、ニュージーランドやアメリカの経済指標の発表や、中央銀行の政策変更などが、NZD/USDの価格に大きな影響を与えることがあります。
  4. ボラティリティが高い:NZD/USDは、非常に大きな値動きをすることがあり、ボラティリティが高い通貨ペアとして知られています。そのため、デイトレーダーやスキャルピングトレーダーなど、短期的なトレードを好む投資家にとっては魅力的な通貨ペアの一つです。また、大きな値動きがあるため、リスク管理が非常に重要です。
  5. 規模が小さい:NZD/USDは、主要通貨と比較して取引量が少ないため、価格が急激に変動することがあります。

EUR/GBPは、ユーロと英ポンドの交換レートを表す通貨ペアであり、外国為替市場で取引される人気の通貨ペアの一つです。以下に、EUR/GBPの特徴について詳しく説明します。

  1. EUと英国の経済指標に敏感な通貨ペア:EUと英国は、それぞれ大きな経済圏を形成しているため、両国の経済指標の発表や中央銀行の政策変更が、EUR/GBPの価格に大きな影響を与えることがあります。例えば、EUや英国のGDPや失業率、インフレ率、財政政策、金融政策などが発表されると、市場参加者はそれらを分析して、EUR/GBPの価格を予測することができます。
  2. 英国のEU離脱問題:英国がEUを離脱することを決定した2016年以来、EUR/GBPの価格は大きく変動しました。EU離脱に関連するニュースやイベント、交渉の状況などが発表されると、市場参加者はその影響を分析して、EUR/GBPの価格を予測することができます。
  3. ボラティリティが低い:EUR/GBPは、比較的低いボラティリティを持つ通貨ペアとして知られています。そのため、デイトレーダーやスキャルピングトレーダーなど、短期的なトレードを好む投資家にとっては、魅力的な通貨ペアの一つです。また、低いボラティリティは、リスク管理に役立ちます。
  4. 流動性が高い:EUR/GBPは、主要通貨ペアと比較して、取引量が多いため、流動性が高いと言えます。そのため、スプレッドが狭く、注文の執行スピードが速く、取引コストが低いという利点があります。
  5. ヘッジに利用される:EUR/GBPは、企業や投資家にとって、外貨建てのポートフォリオをヘッジするために利用されることがあります。例えば、EUに投資している企業が英国の市場にも進出したい場合、英国ポンド建ての資産を保有してリスクをヘッジすることができます。

 

Originally posted 2019-09-07 19:22:03.

Originally posted 2019-09-07 19:22:03.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA